業務用にリサイクルトナーはおすすめです

電子データの使用が多くなった現在ですが、実際の仕事の中では、まだまだ紙の媒体使用は無くなっていません。むしろ、社内においては会議資料や稟議書、社外においてはパンフレットや説明資料、各種の書類が無くなる様子はなく、より美しく高速にプリントアウトできるように機械の機能向上は続いています。コピー機やプリンター、それらを兼ねた複合機は、これからも無くなりそうにありません。あなたの会社でも毎日、大量のコピーやプリントを行っているのではないでしょうか。これらに使われるトナーの消耗量もかなりの量になっていませんか。メーカーが提供する純正トナーは値段も高く、ランニングコストが会社の負担になってはいませんか。そういう問題を解消するためにおすすめしたいのが、リサイクルトナーの利用です。

コストパフォーマンスが高い製品です

サイクルトナーとは、メーカーが販売しているトナーカートリッジが空になったものを利用者から回収して、この中にトナーを詰め直して販売しているものです。カートリッジを作る必要がないため、コストを安く抑えられ、その分販売価格を安いです。カートリッジ本体は、メーカーの純正品ですが、基本的にはメーカーがリサイクル品を販売する事はなく、リサイクルの専業業者が販売しているものです。なぜメーカーがリサイクル品を販売しないのかと言いますと、リサイクル品は、使用中にどんなダメージを受けているか分からず、再使用して販売した場合に不良品を売ってしまうことになるリスクがあるからです。そのためメーカーはリサイクル品を販売しませんが、実際はカートリッジはかなり堅牢に作られていますので、3回から4回の詰め替え使用には耐えられます。リサイクル業者も、安価でも不良品が多いと顧客に支持されない事は理解していますので、それほど粗悪なものは出回ってはいません。

環境にもやさしいエコな製品です

リサイクルトナーは、その名が表すとおり、カートリッジをリサイクルして使用するものです。実際はまだ使えるカートリッジを、使用済みで製品保証できないからという理由で使い捨てにするのは、とてももったいない事です。環境負荷の点からもリサイクルは推奨されるべきものです。確かに、不良品を使用する事によるトラブルは、業務を行っている現場からすると仕事の妨げとなるのであってはならない事です。リサイクル品を使用することで、純正品よりもトラブルの可能性は上がるかもしれません。しかし、それでもなお、リサイクル品を利用するメリットは大きいです。まず、社外に対して環境に配慮している企業だとアピールすることが出来ます。企業のイメージアップにもなり、かつ価格も安いのですから、リスクよりもメリットの方がずっと大きいといえます。

当社はリサイクルトナーカートリッジの販売はもちろん、お客様の不要となったトナーの無料回収も行い、地球にやさしい事業を行い続けます。 当社におきましては、各メーカーのリサイクルトナーやインクなどを各方面への多くの販売実績がございます。 お客さまの方で使い終わり、不要になったトナーカートリッジを無料で回収するサービスを実施しております。 リサイクルトナー専門のトナー.jp